今、求められてる資格の介護福祉士になるには?

現在、高齢化社会や核家族化が進んだ中、注目されている資格が介護福祉士なんです。
病院や介護施設、障害者施設など介護が必要な全ての分野で活躍できる資格なんです。
最近では、自宅で介護を受ける方の訪問介護の需要も増えてきているんです。
この資格の将来性としては、高齢化や核家族化により、家族だけで行う介護が困難になっていることから、ニーズが急激に高まっています。
また、介護の提供側による専門性が求められている為に、専門知識を持つ資格保持者の需要は高まっていくことは間違えありません。
介護の職場は女性が中心と思われがちですが、施設では夜間勤務を任せられたりすることから男性への求人も多くあります。
人の世話をすることが好きな人や体力に自信のある人が向いている仕事です。
また、気配りが出来、人の話を聞けるなどコミュニケーション力も不可欠な仕事です。
介護福祉士の国家試験受験資格を受験する為には、3年の実務経験、国が指定する養成施設において6ヶ月以上の養研研修が受験に必要になります。
実務経験がないと試験を受けることが出来ないので多くの人が働きながら資格取得を目指しています。
介護の仕事をしていく為に、ぜひ取得したい資格です。