アスベスト健康被害を引き起こす?

みなさんは、健康被害を引き起こすアスベストって、聞いた事はないですか? 小さい時に理科の実験で、アルコールランプを使うのに使っていた金網の白い部分の所と言えば「あぁ」と思う人も多いでしょう。

もともと、このアスベスト(石綿)は、天然の鉱物で、耐熱性に優れている点から、古代からランプの芯等に使われていたのです。 日本でも、伝奇にアスベストの様な「火ねずみの皮衣」と言う燃えない布が、アスベストをモチーフにしたのではないかと言われているのです。 それが20世紀に入って、耐摩擦性、耐熱性、耐薬品性と言う優れた性質を利用し、建物の断熱材、防火材に使用されたり、機械の摩擦防止に使用されたりする様になったのです。

そんな引っ張りだこのアスベストだったのですが、1970年代頃から、徐々に人体への健康被害があるのではないかと言う問題が出てくる様になったのです。 アスベストの繊維が肺の奥に入り込んで、ずっと残り20~40年と言う長い潜伏期間を経て、肺がん、中皮腫の病気を発症させる健康被害がある事が分かっってきたのです。

特に、高度成長期だった1970年代以降の日本では、ビルの建設時に、大量に断熱を目的として、アスベストを大量に使いました。 そして、潜伏期間が開けた21世紀初頭の頃から肺がん、中皮腫と言う健康被害が報告される様になってきたのです。 この潜伏期間の長さから、アスベストは「静かな時限爆弾」として、みなさんから恐れられる様になってきました。